Pocket

国産のものや外国産のもの、高品質の犬のペットフードと言えるものも数多くの種類があります。通常、日本の製品や商品は安心で安全そして品質が高いと言われていますし、多くの人がそう思っています。しかし犬などのペットフードに関しては、国産が良いといったわけでもないのです。実際日本で作られているペットフードよりも、海外で作られるペットフードの方が厳しい基準を設けられています。

これは日本と海外とでペットフードに対しての考え方の違いや、認識がまったく異なっているためです。残念ですが、日本ではペットフードに対して基準がとても低くなっています。人間の食品でも同じですが、添加物は体に良いものではありません。しかし多くの食品に使われています。人間は自分自身が体によくないと知っていることで頻度を少なくすることや、まったく摂取するようなことをしないですが、犬は違います。飼い主を信頼して、与えられた添加物だらけのペットフードを毎日食べていることになります。

添加物の中には発がん性物質となるものもありますので、控えるべきなのです。ペットフードで高品質ということであれば、確実に外国産の方が犬には良いとなります。日本ではペットフードなどは雑貨品という扱いですので、食事という感覚はありません。認識の薄さから、添加物の多いペットフードを平気で売るようになっているのです。しかし、ブリーダーなどはしっかりわかって認識もしていますので、多くの人たちは子犬を育てるのにも外国産の高品質のペットフードを与えています。さらに動物病院でも、健康に良いと勧めるペットフードには外国産が多くなっています。